「ワインビネガー」の効果とは? なぜ、ワインの名産地1等地と知られるキアンティで生産されたぶどうの仕様にこだわる理由は?

「ワインビネガー」の効果をご存知ですか?ワインビネガーといえど、何が基準で良し悪しを分けていいのかわからないなど。とある生産者が、なぜワインの名産地キアンティで生産されたぶどうの仕様にこだわる理由をご紹介します。

トスカーナ ワインビネガー ブドウ

イタリアの地名でキアンティと聞くとワインを思い浮かべる人が大半かと思います。今では、あまりにも有名になったキアンティでぶどう畑の土地を購入したくとも売っている土地がなかったり、土地価格が上がっていたりと、希少価値の高い土地として知られています。そんな中、イタリアのボッテゲ·ディタリア社の生産者は「ワイン」を生産するのではなく、「ワインビネガー」を生産しています。もちろん「ワインビネガー」を作るように同じように手間暇をかけて「ワイン」を生産しすれば、良質な「ワイン」を作ることができるかと思います。祖父が作った「ワインビネガー」を生産できるようにした基盤を、彼女が引き継ぎこだわり·誇りを持って最高級の製品を生産する。それが一番の生きがいとして彼女を支えています。

今回はワインビネガーの説明と合わせて、ワインの名産地で知られるキアンティで生産しているワインビネガーの生産者をご紹介していきたいと思います。

ワインビネガーについて

近年ではロゼワインビネガー等、各製造者が試行錯誤しながら種類が増えているようですが、ワインビネガーは主に「赤」と「白」があります。その中でも純粋にぶどうだけを使用して製造された「純ワインビネガー」とアルコールを添加している「ワインビネガー」があります。赤ワインビネガーは黒ぶどうや赤ぶどうを皮ごと使い、白ワインビネガーはぶどうの果汁のみを使用します。いわゆる赤ワインが原料になるため、コクが深く芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴的とし、白ワインビネガーは上品な香りと味わいがあり、苦味や渋みも少なくすっきりとした後味が特徴です。。米酢などにくらべて糖質が少ないうえ、カロリーも低いことが多く、「ヘルシーなお酢」と知られています。

また、ワインビネガーに含有される成分として、ポリフェノールや酒石酸(しゅせきさん)、鉄、カリウム、マンガン、カルシウムなどがあります。

々な意見はありますが、大多数の方が純粋にぶどうだけを使用し添加物なしで製造された「純ワインビネガー」を推奨しています。

ワインビネガーを大量に使用するのであれば別ですが、特に料理に使用の際には、純粋なぶどう本来の甘みや酸味、渋味を堪能できる純ワインビネガーを使用する方がグンとプロの味に近づくことができます。元々、ヨーロッパの料理で使用されていたワインビネガー。このワインビネガーは、家にあったワインが酸化したのを料理に使用していました。ですので、洋風のアレンジに、純ワインビネガーを使用することで、本格的な味になるのも納得ができます。また、美容のためにワインビネガーを炭酸等で割って飲み物として飲む方もいます。その場合でも、アルコールの添加や香料などの入っていないワインビネガーの方が良いですよね。

ワインビネガーに期待できる効果

①高血圧予防になる

血糖値の上昇を抑える作用

③抗酸化作用で体の老化を防御

労回復を助ける

整腸作用

^

高血圧予防

注目すべきは、ワインビネガーに含まれている酒石酸カリウムとクエン酸です。

ワインビネガーには酒石酸カリウムが含まれており、そのカリウムは体内のナトリウムと結びつくため塩分を減らしてくれます。血液をサラサラにしてくれる効果を期待し、高血圧を予防してくれる成分として知られているクエン酸。そのクエン酸が豊富に含まれているワインビネガーでさらに、高血圧予防効果を高めます。

^

血糖値の上昇を抑える作用

酢酸という成分がキーポイント。

酢酸は、小腸で2糖類分解酸素の作用を抑える効果があると言われます。私たちの主食に含まれるでんぷんはブドウ糖が大量に繋がってできたものであり、私たちの胃腸の中で小さな塊に分けられ、最後には2糖類分解酸素という成分によりブドウ糖の単体になり、吸収されます。ワインビネガーに限らずですが、お酢を摂取することで、2糖類分解酸素の作用をおさえる、つまりはブドウ糖の分解を抑えることができると言われているのです。

^

抗酸化作用で体の老化を防御

みなさま、おなじみのポリフェノール。

誰しも一度は赤ワインに豊富に含まれていると聞いたことがあるかと思います。ポリフェノールは抗酸化作用があり、酸素を利用する私たちの体内には活性酸素という成分が生じています。この活性酸素の参加をおさえてくれる働きをしてくれるのが抗酸化作用です。活性酸素は細胞に傷をつけて私たちの知っている生活習慣病(癌、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症など)の原因になります。抗酸化作用で活性酸素から守ってくれるだけで体の老化やシワやしみにまで効果があると言われます。

^

疲労回復を助ける

アミノ酸とクエン酸が効果を発します。

酒石酸カリウムが疲労回復を助けると言われる場合もありますが、現段階ではデータが少ないので、他の酢と同様、アミノ酸とクエン酸が疲労回復を助けていると考えられます。

^

整腸作用

酢酸が成長作用の効果を発揮します。

内の悪玉菌が増殖するのをおさえてくれるます。お酢の量が多くなくても効果が出やすいです。

「キアンティ」というと土地の特

イタリア・トスカーナ州の中心部にあるフィレンツェ県やシエナ県など5県を含むエリアにキアンティ地区と言われます。13世紀に商人がワインを

特産品として売るために説明に地名を入れたことが始まりのようです。その後、時を重ね、トスカーナ州で作られるぶどうの品種、「サンジョヴェーゼ」が広まり、さらに知名度をあげることが加速されました。もちろん、知名度が高くなったのは、その品質、土地、気候がぶどうの生産とワイン作りに適しているため評価されています。今では、農業のできる土地は大半がぶどうの生産され高級ワインへと加工されます。そのため、キアンティ(またはキャンティ)ワインと呼ばれ、多くの人に親しまれています。

冒頭にも書きましたが、高級なワイン作りに適した土地になぜワインではなく、ワインビネガーを生産するのか。とあるキアンティにいるワインビネガーの生産者を尋ねると、彼女の祖父がわざわざこのキアンティの土地を選択し、今にまでワインビネガーを生産してきたと言います。子供の時から彼女の祖父が作ったお酢を味わって育ってきた彼女にとって、この土地で祖父が作ってきたワインビネガーを受け継ぐことが自然の流れでしょう。もちろん家業だからこの土地をもらったということだけではなく、他の選択肢あります。しかし彼女は、先代からもらったこの土地だから生産できる最上級のぶどう、この土地だからできるワインビネガーの製造を守って行くためキアンティという土地で生産しています。大手メーカーでは管理の行き届かない細かな管理が必要なワインビネガーの生産。質の良いぶどうのみを使用し、添加物のないワインビネガーと育ってきた彼女にとって、販売が限定されたとしても良い商品を作り続けていきたいと言います。

キアンティ サンジョベーゼ

ワインの名産地として知られているChianti (キアンティ)で、ワインビネガーに最適な葡萄の生産をするため、希少価値の高いキアンティ自ら行っています。生産されるワインビネガーは添加物などは一切追加せず、葡萄のみを使用して生産されております。

キアンティ地方のブドウ園のトスカーナ産サンジョヴェーゼの短房のみから作られた100%天然の産物。健全で傷のないブドウは、手作業で収穫されます。ブドウの官能特性と品質を強調するため、プロの目で確認しながら生産していきます。その香り、天然の酸と糖、全てがワインビネガーの完成度を高めます。自然からもらった原材料を育て、アチェトスカーナ社で手間暇かけられて作られた極上のワインビネガー。よろしければ一度お試しください。

キアンティのワインビネガー

ポイント①トスカーナ・キアンティ産のサンジョヴェーゼを使用

キャンティ地方のブドウ園のトスカーナ産サンジョヴェーゼの短房のみから作られた100%天然の産物。健全で傷のないブドウは、手作業で収穫されます。ブドウの官能特性と品質を強調するため、プロの目で確認しながら生産していきます。その香り、天然の酸と糖、全てがワインビネガーの完成度を高めます。

ポイント②昔からの生産プロセスで本来のワインビネガーの味を

ワインビネガーは、製造プロセスで敏感に左右される傾向があるため、特に注意を払って生産されています。例えば、ブドウの香りと風味を維持するためには、ワイン製造プロセスを遅らせる必要があるため、一般的なプロセスよりもさらに注意して取り扱わなければなりません。高品質の天然酢の取得を目的として、発酵は常に監視され、自然に「誘発」されます。

酢酸発酵を行う上では、一貫した温度でのゆっくりと発酵させなければいけません。発酵には時間のかかる上、継続的な監視が必要となります。この過程を古代人は「ナニー」と呼ばれました。日本語では「乳母」の役割をする期間です。製品が外的なストレスを受けないことにより、香りと特別な風味が強化されています。

この風味を保つために時間と情熱がかけられた極上のワインビネガーを、名産地トスカーナで作る生産者のご紹介でした。

ストーリエ・  ディタリアがご紹介するアチェトスカーナ社のワインビネガー

キアンティ産のサンジョベーゼをしたアチェトスカーナ社のワインビネガー 250ml

¥2,000

在庫4個

在庫4個

関連記事

美味しくイタリア料理を健康的に食べるための7つの方法

イタリア料理を健康的に食べるための7つの方法みなさん、イタリア料理を食べると胃もたれしやすくなる時はございませんか?少し順番や食べものの選択を変えるだけで、満腹過ぎない食事ができるかと思います。食べ方の順序や解説はエリーザさんからいただきました!健康的に召し上がる7つの方法をぜひ試してみましょう!著者について世界中で愛されているイタリア料理。みなさん決まって最初に思い浮かべるのはピザとパスタかと思います。詳しい方はペスト、バーニャ・カウダ、ポルチーニのリゾットなど、その他の伝統的な料理を知っている方もいらっしゃいます。人それぞれですが...

イタリアの伝統的なおやつの1つ「クロスタータ」(タルト)の正体とは?タルトとクロスタータに違いはあるの?

イタリアで昔からのおやつとして知られている「クロスタータ」。日本ではいわゆるタルトと呼ばれているものの、実はイタリアではタルトとは違うケーキの種類として紹介されます。今回はタルトとの違いなども含めてクロスタータについてご紹介いたします。クロスタータとは?クロスタータの発祥は?クロスタータとは、小麦粉、砂糖、バター、塩、水を使用して作られた生地にフィリングのをいれ、最後に格子状に細く切った生地を並べて最後に焼きます。フィリングはフルーツ、ジャム、ヌテッラなど甘めのフィリングが含まれています。チェリー、レモン、ヌテッラなどが定番ですが、焼...