5分で簡単に自宅でエスプレッソ!直火式エスプレッソメーカー 「モカ」の起源(イタリアの家庭用コーヒーメーカー)

直火式エスプレッソメーカー 「モカ」の起源(イタリアの家庭用コーヒーメーカー)日本では、ドリップコーヒーやカプセルコーヒーマシーンを使うことの方が多いのかと思います。イタリアのどの家庭にも必ずあると言っても過言ではない「モカ」。イタリアの家庭では朝食や来客へのもてなし等、色々な場面で使用されます。せっかくなので、今ではクラシックなコーヒーメーカーになった直火式エスプレッソメーカー 「モカ」の起源(イタリアの家庭用コーヒーメーカー)と作り方をご紹介いたします。

モカ エスプレッソメーカー

直火式エスプレッソメーカー 「モカ」の発明者は?

イタリアのどの家庭にも必ずあると言っても過言ではない「モカ」。日本では、なかなか見かけない直火式のエスプレッソメーカー「モカ」(「カフェモカ」と勘違いしそうな名称ですが)の発明者はもちろんイタリア人のアルフォンソ·ビアレッティ氏。今でも知られる老舗直火式エスプレッソメーカーの「ビアレッティ」の設立者です。

^

原点は洗濯機

ビアレッティがこの直火式エスプレッソメーカー 発明したのは、1933年しました。 彼は、このエスプレッソメーカーのアイディアをどこで得たのでしょうか!コーヒーとはかけ離れた、当時の洗濯機の昨日に圧倒されていたビアレッティ氏が、沸騰したお湯がチューブを通って行くメカニズムをみて、蒸気で加圧された沸騰したお湯を通過させてコーヒーを作る機械を発案させるきっかけとなりました。

^

名前の由来は?

「モカ」という名前は、「アラビア」の高品質のコーヒーで有名な「モカ」と呼ばれるイエメンの都市の名前を商品の名称として使用したと言われています。 今でも本格的なモカを購入したい場合は、「ビアレッティ」を購入する方が大半です。日本ではドリップやフレンチプレスがよくみられますが、実は直火式エスプレッソメーカーでコーヒーを作るのはとても簡単です! また、沸騰したお湯がコーヒーにひたる時間が非常に短いため、カフェインの量がドリップなどに比べて少ないと言われます。では、使い方をご紹介いたしましょう!

モカの使い方

「モカ」という名前は、「アラビア」の高品質のコーヒーで有名な「モカ」と呼ばれるイエメンの都市の名前を商品の名称として使用したと言われています。 今でも本格的なモカを購入したい場合は、「ビアレッティ」を購入する方が大半です。日本ではドリップやフレンチプレスがよくみられますが、実は直火式エスプレッソメーカーでコーヒーを作るのはとても簡単です! また、沸騰したお湯がコーヒーにひたる時間が非常に短いため、カフェインの量がドリップなどに比べて少ないと言われます。使い方は非常にシンプル!

  1. モカの底部に冷たい水を入れます(水は境界まで届かないはずですが、スペースを残して外側のバルブがある場所で停止することをお勧めします。
モカ エスプレッソメーカー

2. 水で満たされた下部の上部にフィルターを置きます(水がコーヒーフィルターの上まで上がって来ている場合、水を入れすぎているので、お水を取り除いてください)。 次に、コーヒー粉をフィルターの上に載せます。ある程度こんもり乗ったら、コーヒーの粉を上から軽く押して平らにします。

3. 次に、モカの上部を上部に置き、しっかりと閉めます。コーヒーメーカーを弱火に置き、中の水が沸騰し始めるのを待ちます。沸騰すると下から上に水が上がり、上になるとコーヒーメーカーの独特な音が出ます。そうしたら火を消してください。

モディカのチョコレートと一緒に召し上がれ!

ストーリエ・  ディタリアがお勧めするコーヒーのおともにできるおやつ類

関連記事

ファッロとも呼ばれる古代品種のスペルト小麦とは?消化に良いと言われるけど、普通の小麦粉とはどう違う?

スペルト小麦をご存知ですか?ディンケル、ファッロ等と色々な呼び方のある古代小麦ですが、特に健康意識の高い人々から注目を浴びている小麦です。現在流通している小麦の原種で、栄養価が高い上に、農薬無しに栽培がしやすい万能な品種です。今回は、その聞き覚えのあるようでないスペルト小麦についてご紹介いたします。スペルト小麦についてスペルト小麦は、古代小麦·古代穀物の一種で、約9,000年以上前からヨーロッパで栽培されていたことが最新の研究で証明されました。また、スペルト小麦は、非常に硬い皮殻に覆われているため化学肥料や農薬を使わずに栽培することが...