CHELUCCI

PASTA TRENETTE SENATORE CAPPELLI 

ケルーチ社の低温乾燥パスタ トレネッテ(セナトーレカペッリ使用)

¥1,150

在庫8個

1912年から生産を始めたパスティフィッチョ(パスタ工房)のケルーチ社では、昔ながらの製法でパスタを作ることにこだわりを持っています。昔ながらの製法とは、無農薬・無成長剤で育てられた小麦を使用し、水車で回した石臼で小麦をひき、その小麦で作られたパスタの生地を48時間じっくり低温乾燥させたパスタです。じっくり48時間休まったパスタは、消化しやすく仕上がっています。非常に珍しいセナトーレカペッリ小麦を使用しております。

特徴

低温乾燥のセナトーレカペッリ小麦のパスタ「トレネッテ」500g

  • 無農薬・無成長剤で育てられた小麦を使用
  • 48時間じっくり低温で乾燥
  • 希少なトスカーナの土地で栽培・加工
  • 一回の生産に限定500個しかできなパスタ
  • セナトーレ・カペッリ小麦

ポイント①パスタ職人が直接作る限定500個ののパスタ

ポイント② 無農薬・無成長剤で育てられた小麦を使用

ポイント③ セナトーレカペッリ品種の小麦

近年、イタリア国内でも大手企業の作るパスタは輸入の小麦粉を使うことが多い中、本商品を生産したケルーチ社では、イタリア・トスカーナ州で生産された小麦粉のみで生産されております。

製品の原材料は、セナトーレカペッリ小麦と水のみです。1920年代イタリア人セナトーレカペッリ氏により、在来種小麦の交配にて作られた品種で、一時期背が高く倒伏しやすいため新改良品種に押されて姿を消した小麦ですが、1980年度以降また人気が集まってきました。今では希少価値の高い小麦粉です。この小麦粉には、良質のたんぱく質を多く含んでおり、他の小麦と比べ弾力性に富んでいるので生地の形成がしやすく、ゆでてもコシが強く形がくずれにくい小麦粉と言われます。パスタのパッケージを開けた時、上品な小麦の匂いがほんのりとします。

原材料

・セナトーレ・カッペリ小麦粉(イタリア・トスカーナ産)

・水(イタリア産)

アレルゲン

・小麦粉

卵不使用・添加物なしで作られております。

パスタ100g

熱量:274kcal

脂質:1.7 g

炭水化物:67 g (内糖質:4.23 g)

タンパク質: 12.5 g

塩分: 0.001 g

原産国:イタリア・トスカーナ

茹で時間:10

内容:500g

トレネッテに合うパスタレシピ

簡単に作れるマッシュルームとくるみのクリームパスタレシピ

PASTA CON CREMA DI FUNGHI E NOCEマッシュルームとくるみのパスタ分量 2人分調理時間: 30分代替可能食材: 肉、バターオススメ: 昼食・早めの夕食レシピの材料材料 トレネッテ 180〜200g マッシュルーム 2パック くるみ 60〜80g EVオリーブオイル 適量 クリームチーズ 35g ペコリーノ・ロマーノ 20g ミルク 100ml 塩胡椒 適量...

あさりがたっぷり入ったイタリア中部でクリスマスに食べるヴォンゴレ(ボンゴレ)・パスタ

PASTA ALLA VONGOLEあさりがたっぷり入ったヴォンゴレ(ボンゴレ)・パスタ分量 2人分調理時間: 35分 下準備:砂抜き12時間追加可能食材: ニンニク・バターオススメ: 昼食レシピについて ヴォンゴレ(ボンゴレ)パスタは特にイタリア中部では、クリスマスの日によく食べる習慣があります。クリスマスには魚介類を食べる習慣があるイタリアですが、地方によって食べる食事のメニューが異なるため、今回は中部の料理をご紹介いたします。 材料 あさり 500g ニンニク 1片 セナトーレ・カッペッリ粉トレネッテ 200g...

濃厚だけど意外と食べやすいピスタチオを使ったクリームパスタのレシピ

PASTA ALLA CREMA DI PISTACCHIピスタチオのクリームソースパスタ分量 2人分調理時間: 20分変更可能食材: クリームチーズ、ナッツオススメ: 昼食メニューレシピについて レストランで食べるとクリームソースは必ず胃に重く負担のかかるイメージが強くなりますが、クリームソースを作るからといって、必ず濃厚なソースにしなければいけないわけではないですよね?作り方や原材料によってはあっさりめに作ることも可能です。今回はピスタチオを使用するため、独特な味を尊重するために、あまり濃厚すぎないクリームソースを作ります。...

エビのビスクを使ったトマトソースパスタのレシピ

PASTA CON GAMBERIエビのビスクを使用したトマトベースのパスタをご紹介します。分量 2人分調理時間: 60分追加可能食材: 生クリームオススメ: 昼食レシピについて 以前、ピリ辛のエビのパスタをご紹介しましたが、今回はビスクを使用したパスタをご紹介します。所要時間は50分と長めですが、大半がエビを煮込む時間で、結構シンプルです。 材料 殻付きエビ 8本 トマトのパッサータ 1カップ ニンニク 1片 タッリアテッレ 200g 白ワイン1コップ(100ml) EVオリーブオイル 適量 塩胡椒 適量 玉ねぎ 半玉...

スモークサーモンとピスタチオのジェノベーゼ パスタのレシピ

PESTO AL SALMONE AFFUMICATOスモークサーモンとピスタチオのジェノベーゼ分量 2人分調理時間: 10分変更可能食材: チーズオススメ: 昼食メニューレシピについて バジルをふんだんに使って作られたジェノベーゼに、松の実の代わりにピスタチオを使って作りました。ピスタチオの香ばしさとともに、塩っ気のあるスモークサーモンと一緒にお楽しみいただけます。 材料 バジル 2パック分 ぺンネ 200g ピスタチオ100g ペコリーノ・ロマーノ80g スモークサーモン 100g EVオリーブオイル 適量 塩 適量 胡椒...

ピリッとした辛さが体を温めてくれるエビのトマトソースパスタ

PASTA  AI GAMBERI CON SUGO PICCANTEピリッとした辛さが体を温めてくれる エビのトマトソースパスタ分量 2人分調理時間: 25~30 分追加可能食材: チーズ・アンチョビオススメ: 昼食レシピについて ニンニクと唐辛子を入れて、少しピリ辛のエビのパスタは、少し肌寒くなってきた時にぴったりなパスタです。少しパスタソースのスープを残して置くとちょっとしたスープパスタに! 材料 エビ 10尾(下処理を済ませてください) トマトのパッサータ 200g...

自宅で20分で簡単に作れる本格的なイタリアン!サーモンクリームパスタのレシピ

PASTA ALLA CREMA DI SALMONE自宅で簡単20分でできる本格的なイタリアンパスタ。サーモンクリームパスタ分量 2人分調理時間: 20分追加可能食材: ニンニク・バターオススメ: 昼食レシピについて 日本でも知られているサーモンクリームのパスタ。ヘビークリームのようなクリームのものが多いですが、生クリームの脂質を低いものを使用したり、白ワインを生クリームの前に使用するだけで、生クリームを少しでも減らして使用することもできます。 材料 塩漬けサーモン 2切れ 玉ねぎ 半玉 かニンニク 1片...

ピリ辛トマトソースのアラビアータ(タッリアテッレ使用)パスタのレシピ

PASTA All'ARRABBIATAアラビアータ パスタ分量 2人分調理時間: 20分変更可能食材: パンチェッタオススメ: 昼食メニューレシピについて...

トマトの入っていないラグーソース、ラグー・ビアンコのタッリアテッレのレシピ

PASTA AL RAGU BIANCOトマトの入っていないラグーソース、ラグー・ビアンコのタッリアテッレのレシピ分量 4人分調理時間: 50分追加可能食材: セロリ、チーズオススメ: 昼食レシピについて ラグーと聞くとトマトを使用したボロネーゼソースを思い浮かべますが、ラグービアンコをご存知ですか?トマトを使用せず色々な野菜を使用したミートソースです。玉ねぎや人参に薬味などがたくさん入ったソースのため、栄養価満点のパスタソースになります。 材料 合挽き肉 250g パンチェッタ 100g タッリアテッレ 400g ニンニク...

最も有名なイタリアンパスタソースの起源とレシピ:エリーザさんがお祖母様から教わったボロネーゼソース(ミート)のレシピ付き

PASTA AL PESTO DI BROCCOLIブロッコリーのペスト分量 4人分調理時間: 100分変更可能食材: チーズ、ナッツオススメ: パスタやラザニア用ボロネーゼソース(ミートソース)の起源について みなさんもご存知のミートソース。「Pasta al...